知っておきたい残価設定型のメリット

残価設定型自動車のメリット

まず残価設定型自動車とは残価設定型で払って載っている車のことを指しま
そして残価設定型自動車のメリットにはこのような利点があります。
・月々数千円で購入が可能な車もあります。
・買い取り額が車を普通に売却するよりも保証されます。(残り金をローンとして組み込むので審査が甘くなります。)
・頭金も必要ありません。(逆に車の下取り分を頭金にすることが出来ます。)
・基本的に3年プランなら車検費用の必要はありません。
・短い間隔で新車を次々に試せます。
・銀行とは違う申し込める手段候補として使える。(銀行の申し込みが煩わしいから、残価設定型で組むと言う考えもできます。)
・銀行よりも金利が低くなることがある。(ケース・バイ・ケースです。)
そして何よりも大きなメリットは自分の予算以上のお金に乗れることです。

500万円かかる車に乗りたいけどその分の予算がなくても、下取りで差額してもらえて250万円を分割して乗ることも可能になります。これらを利用して日産リーフやエルグランド、セレナやデミオ、プレマシーなど憧れのあの車に乗れます。

各車会社のそれぞれの違い

各車会社によって残価設定型についての細かい違いがあります。

トヨタ場合は、下取りする車の価格分を差し引いて分割払いにします。他のローンとの違いは支払い額を月々均一に支払いますが、トヨタの場合は最終回に残価の据え置きをします。
レクサスにはスタンダードプランと言うのがあり、支払回数は1回か2回、もしくは3〜72回までの間で均等支払いが出来たりポーナス併用も可能になっています。
プジョーにはステップアッププランとステップダウンプランがあり、ステップアッププランは将来的にお金に余裕ができる見込みがある人に向いた支払い方法で、ステップダウンプランは子供が進学するなど金銭的負担が将来掛かる(もしくは現在も)人に向いたブランです。
ちなみに上記以外の車会社サイトでも、残価設定型について詳しい説明が書かれています。

残価設定型と言うのに対してまだ分からないことだらけという場合、残価設定型でローンを組みたい車の候補が数社分あれば、各社HPで自分が分かりやすい方の説明が書かれている所で選んでみても良いのではと思います。

私がこの中で見た分では、具体的数値も詳しく書かれたプジョーが一番分かりやすいと思いましたが勿論人それぞれに、どちらが一番分かりやすいか違ってきます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ