知っておきたい残価設定型のデメリット

残価設定型のデメリット

残価設定型自動車とは残価設定型で払って載っている車のことを指します。

一括や銀行でローンを組むよりも高くなります。

走行距離制限が各社あり(○○km以内)それ以上走ると超過分を取られたり、事故などで車を破損しると残価保証ができません。(勿論カスタマイズも禁止です)
最終的に残価設定型で支払った際、そのまま乗り続けるか返却するか選択を言われます。
さらに買い取りを決めたらローン契約が発生し、支払利息も付くので実際の車価格が数割分跳ね上がってしまいます。
走行距離を考えて使わないといけないかつ軽い事故も起こさないと気をつけないといけないので、正直気分的に憧れの新車だとしてもマイカーみたいに乗り回す感覚にはなれないかと思います。

車好きが使うというより、「とり敢えず車の新機能は試してみたいけどまあ、単なる移動手段でしかないし」と言う考えの人のほうが残価設定型ローンは合ってると思います。

リース車があります

じゃあまるで走行距離に気をつけないといけない不便なマイカーみたいじゃないかと思っている方には、リース車がふさわしいと思います。

リース車はマイカーと残価設定型の中間に位置するような車です。(豆知識ですがローンを組むと言いますがリース車にはその言葉の定義には当てはまりません。)

利用料金もレンタカーより安いと言う利点があります。またレンタカーは短期間でしか使えないのに対してこちらは、長期間で使用計画が可能になっています。

そして、大量に購入するため車両の値引き額が高くなりますし、次々の支払いも安定しているのも良い所です。 そしてメンテナンスや故障も全てバックアップしてくれるなど残価設定型のよりいくらか分かりやすい印象さえあります。
しかしリース車は残価設定型自動車と違い支払いを負わせても、自分の車にはならずそのまま帰す必要があります。(こちらは返却時ちゃんと元に戻せば改造が可能です。)

またこちらも走行距離制限が各社ありそれ以上走ると超過分を取られたりします。

 

 

それぞれがいくらか持ってる憧れのカーライフ生活と自分の予算とどう照らし合わせてどんな支払いタイプが良いか悩みどころだと思いますが、ヤフー知恵袋など相談掲示板やリアルでの会話を通して自分と同じ悩みを抱えている人達と、その悩みを乗り越えた人の意見に耳を傾け自分にとっての良いカーライフ生活に向けてゆっくりと前を歩いてみましょう。

 

きっと楽しいはずです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ