気になる残価設定ローンの繰り上げ返済の実態

繰り上げ返済の実態

繰り上げ返済とは毎月の設定返済額プラス一部を返済することを言います。
その分利息も減るのでよって返済金額も減ることになります。

特にホンダの残クレは一部の繰り上げ返済が手数料無料で可能になっています。(ただし色々と条件があります。)

ちなみに5年残価設定をした際に4年目に一括で返済をした方の意見によると、

残価設定ローンとは最終的に車を返却もしくはのり続けるかどちらを選ばないといけないのですが、車を返却するとエンドユーザーは得をします。と言っています。( http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11121344101 )

支払いのタイミングに注意

完済しても残額分も全部返済しないと下取りには出せないなどいろんな理由で繰り上げ返済を望んでいる方もいると思います。

 

ヤフー知恵袋などでは投稿者が具体的な数値を書いて返済タイミングについて聞いています。それぞれの事情や借りてる所などの違いもあるので、このタイミングで返済すると良いとは一概には言えません。(書き込みを見てよりそう思います。)

 

繰り上げ返済で一気に済ませたとして病気とかになった時にお金を支払い問題がでてきます。

また固定金利選択をしている方は繰り上げ返済をやれば支払い期間が短くなった分、利率が上がり支払い金額が増すと言う問題が発生します。

先ほど繰り上げ返済で利息が減ると書きましたが、タイミングが悪ければそう言う問題が起こりえるのです。

洗いざらい自分で問題点を確認しましょう。

自動車・マイカー ローンの検索・比較・申込み【イー・ローン】 を利用して最適なローン返済について研究してみてはいかがでしょうか?
( http://www.eloan.co.jp/car/?from=adw_01t_car_021805_b )

勿論これをやっただけで最適な返済プランが作れるとは限りませんが、シミュレーションは言わば本番前の予習で、何度でも出来て確認できると言うて良いメリットがあるのです。

そこで自分の内容をこと細かに入力して、問題点などを洗いざらいに追求してみてはいかがでしょうか?
自分の購入したい車のメーカーのシミュレーションを使うのも勿論全然ありです。

そしてディーラーの方と直接お話しをするのも良いですが、その為には少しは具体的な知識が必要だと思うのでそのためにネット上でシミュレーションしてみると言う考えもあります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ