残価設定ローンで損しないコツ

残価設定ローンとは

残価設定ローンとは、車の買い替え時、下取り分を差し引き気残金を分割で支払う方法です。
自動車のお金は一気に払えたらそれで良いんですが、現実そう上手くいかないのでローンを組んで支払うことになります。

残価設定ローンには次のようなメリットがあるようです。

「月々の支払が少なくなる
契約終了時の買取額が保証されている
自動車ローンよりも金利が低い場合が多い
車検費用がかからないことも
3〜5年毎に新車に乗り換えられる」

−残価設定型ローンのメリット・デメリットを知っておかないと損するかも
| 俺の軽自動車 http://keijidosha-love.com/chuui/zankasettei/
より。

残価設定ローンに向いている人と査定サイト

また、残価設定ローンは次の人が向いています。
・車は単なる移動手段でしかない
・月給は膨れ上がる将来設計だ
・月月の支払いを安くしたい

こう言ったふうに自分が条件を見ても向いてるか分からないと言う方は、サイトで査定してもらいましょう。そうすると、より具体的に自分が残価設定ローンに合うか分かるはずです。

そて査定には次のサイトが便利です。

−無料一括査定で愛車の最高額がわかる!【ズバット 車買取】

−車買取・車査定ならカーセンサーnet|中古車簡単一括査定
ズバット 車買取には次の特徴と違いがあります。

・広告代理店や損害保険会社もある有名企業ウェブクルーグループのサービスであること。
・最大10社分で一気に査定してくれる。
・事故車も対応可能。

カーセンサーnetには次の特徴があります。

・メールでの連絡が出来る。
・最大30社分で一気に査定してくれる。
・提携会社が510店以上。
・その中に、独自のルートを持つ地方の買取店も多く参加している。

もちろんこれ以外にも様々な査定サイトがあります。

残価設定ローンを検討していてもまだまだ分からないことが多いと思いますし、だからこそこのサイトを見ていると思います。ただ無理に一気に分かろうとする必要はありません。

本当に大事なことは自分の満足のできる車の買い替え方を見つければ良いのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ