残価率を学んでかしこく払う

よく聞く残価率とは

残価率とは車体価格を分割購入する際の比率のことをいいます。残価率が高い場合は月のお金を支払い額は低いのですが、代わりに利息が高く付いてしまいます。

反対に残価率が低かったら月のお金を支払い額は高いのですが、代わりに利息が低くなります。

残価率計算はこちらのサイトにとても詳しく載っています。ですのでより具体的にイメージがしやすいと思います。
−自動車取得税の金額(税額)、取得価額と残価率の計算方法って、とは。 http://www.netcom-jp.com/cns/tax/syutokuzei2.html
各社の残価率を見てみると大体同じような感じです。

まずトヨタ(残クレ名「残価設定型プラン」と呼びます)の残価率は車種やお支払いの期間によって代わります。
三菱や日産も同じような感じです。

(ちなみにトヨタは残価設定型プランの価格や支払い回数、残価や実質年率などは各地の販売店に任せています。)
ですがホンダやダイハツは残価率は50パーセントになっています。

こう言ったホンダやダイハツなど残価率50パーセントを設定できるのは、ローン会社はリスクを負わなくて済むからです。

しかしここまで高いと月に支払うお金への負担がぐっと減ります。
残価率のさらなる詳しい計算(引用として)また支払う際の注意点

ところで残価率の計算は

「新品購入時を1.0として、4年経過ならば0.2というように年数が進むにつれて率が下がっていきます。
ちなみに中古車を取得する時の残価率であれば、購入1年後が0.681で6年後だと0.1になります。」
−残価率とはなんでしょうか。わかりやすく教えていただきたいです… – Yahoo!知恵袋 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1243336932

には記載されています。
どっちみち残価設定型プランは長期間のローンとも言われていますのでそのローンを支払っている間、自分の欲しいクルマが段々古い車になっても大丈夫か?し考えたほうが良いかもしれません。
また他にも残価率だけでなく、残価設定型プランとは関係なしに自動車取得税も車の購入には関わってきますのでもっとトータルで最終的な金額支払いを計算しなくてはならないと言うす問題点もあります。
私はとしては基本的に残価設定型プランに頼らず頑張って新車を買う分のお金を溜めて、時期が来たら一括購入が良いかな?と思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ