日産の残価設定ローンをわかり易く解説

日産自動車とプジョーや三菱自動車とのそれぞれの残価設定型の違いについて、各会社サイトがどこに重点を置いて分かりやすく説明しているかにスポットを当てて説明しています。

 

残価設定型ローンは結構複雑なので、まずは分かりやすくイメージが掴みやすく入るのが最も重要なんじゃないかなと思っています。

 
なお他の車会社も残価設定型名が違ってきますのでそれを頭の片隅にに入れてください。

 

まず残価設定型とは

 
残価設定型とは車の買い替え時に、下取り分を差し引き気残金を分割で支払う方法です。それで支払ったと言う人がネット上で多く主流の支払い方法の一つと言っても過言ではないと思います。
  

日産の残価設定型について

 

日産では電気自動車からセダンまで、全ての車種の車を
 
・月々3,000円〜 ・月々5,000円〜 ・月々7,000円〜 で払える分類ごとに分けています。
(月々3,000円〜なら ジュークやノート、シルフィなど)
 
個人的にこれがとても分かりやすく、交換を持ちます。
ちなみなにジュークならジュークの買える色タイプも丁寧に説明しています。
  
なお契約走行距離は1,000km/月、1,500km/月から選ぶようになっています。
(契約走行距離に収まらなかったらその分の金額も支払わないといけません。)
  

プジョーの残価設定型について

 
プジョーのサイトの場合は日産が車ごとの残価設定型関係の詳細に対して、残価設定型の分かりやすさや払いやすさに力を入れている感じです。(残価設定型以外でも「プジョー・オートローン」や「プジョー・自動車保険の説明」が画面左ですぐに調べられるように作られています。)
 
 
またプジョーでは残価設定型ローンの支払い方式、ステップアッププランとステップダウンプランなどの各ライフスタイルに合わせて提供している感じです。こちらも個人的に分かりやすさに交換が持てます。
 
 
三菱自動車の残価設定型ローンを受け持つMMCダイヤモンドファイナンスの場合は、具体的な支払いシュミレーションが分かりやすい形で出来るようにしています。(すぐにそのページに見つけやすい設定になっています。)
 
また日産のサイトのように車ごとに残価設定型ローンの細かい情報を載せてています。その中で、月々のお支払い額と年率を分かりやすく表示している事に好感を持てます。
  
いかがでしょうか?
 
個人的には各サイト製作スタッフの労力を感じて感動さえしてきます。勿論みんなに車を買ってもらうためですが、企業努力として拍手を送っても良いと私は感じています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ