一括支払いと値引き含みのローンどっちがお得?

新車の値引きは危険?

ネット上では値引きできたや出来ないと情報が交錯しています。それらはディーラー側の判断にもなりますが、ただ値引き出来たとしても一括購入の方が安くなります。

ローンだと値引きを相手がしやすくしてくれますが、金利の分上乗せされている上での値引きなので一括の方が安くなります。(実際にディーラーも同じ意見を言っています。)

 

また「ローンを組めば値引きが増えますよ」と販売の方が言っても、相手が特をする罠を仕掛けていると考えましょう。結局は値引きになろうとも先ほどの金利分も含めて相手側は得になりますので、自分達がより儲かるために「値引き増えますよ」と言っているのです。

販売側に値引きで揺さぶる

とは言えローンは仮に一括で払えるお金があったとしても将来の他のことで支払うお金として取っておくと言う考えの人もいると思います。

そこで販売側により値引きしてくれとと交渉するのです。
直接相手に「もっと値引きすること出来ませんか?」と言いましょう。

それでも相手が返事を渋った際には「他社の車の方が安い」と言いましょう。特に軽自動車は争いが激しいのでより値引きが上がりやすいようです。
また買取業者へ一括査定をして、どのくらい値引きしてくれる所があるか探しましょう。相手を揺さぶる手段として充分使える情報になります。

そして販売側と仲良くなれば思いもがけない情報もゲットできるはずです。事実ディーラーが値引きするより一括のほうが安いと言う意見もそれに近いと思います。

最終的な値引き額

ここは具体的な実例を交えて紹介をします。

−日産 セレナ 中古車買取・査定相場一覧表|一括査定ならカービュー http://kaitori.carview.co.jp/souba/nissan/serena/
によると、
日産セレナの新車車両価格は225万円〜353万円(税込))になるようです。
そして次のサイトにこう記入されいます。

−日産 セレナ購入記!セレナ値引きレポートK-おでんさん http://www.serena.car-lineup.com/nebiki_repo_k/k12.html
を例に見ましょう。

「現在の支払い条件を超えないことを条件に交渉したところ、値引き総額約¥510,000、納車費用カット、下取り価格¥50,000アップ等で総支払額¥2,770,000で交渉成立。」
これをどう低いと捉えるかは読んでいる読者に任せますが、リンク先ではもっと有意義な情報が書かれています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ