ホンダの残クレってどう?他社との違いって?

ホンダの残クレ?

ホンダ 残価クレジット(略して「残クレ」)って聞いたことあるけどその内訳はどうなんだろうと気になる方もいると思います。

 
残クレ自体実はあまりよく分かっていないから困っていると言う方も多いのでしょう。そこで次の情報を紹介します。

 
まずホンダの残クレは月々3000円からしの支払いで可能です。

 
頭金0円から契約が可能なうえ、3年と4年と5年ごとに新車に変えれます。
残クレを申し込むならは販売会社に問い合わせるようです。間違ってもトヨタ本社に直接電話と言うまどろっこしいやり方をしてはいけません。

 
ちなみに自分で好きな色やオプションも注文可能ですが、ローンを支払っている間は自分の車ではなく契約走行距離など様々な制限がつきます。また金利手数料もかかります。

 

 

他のメーカーとの金利チェック

残クレを使えば次に乗り越える車も同じ会社になりやすいことから多くの自動車会社が導入しています。

 

 

そしてホンダの年利が1.9%に対してトヨタは販売店により違うようです。(かなり高いと言う噂もちらほらあるようです。)また三菱とマツダが3.9%です。

 
ホンダは人気の車に対して特別金利を組み込んでいます。

 

 

三菱とマツダも同じように人気の車に対して特別金利を組み込んでいます。

下取り価格アップの基礎知識

ホンダと日産は下取り価格の保証を約束しています。

 

 

トヨタは一部のみされていませんが基本的に下取り価格の保証をしています。三菱もマツダも同等な感じです。(はっきりとした情報が出ててません。)

 
なお、余談ですがガリバーやオートバックスグループは下取り価格の保証をしているようです。

 

 

ディーラーは他社の下取りもしてくれます。ただ同じ車会社の方が下取り価格が高くなる傾向にあるようです。

 

 

その場合は先ほどのガリバーなどの買取査定に出して下取り価格を上げさせてもらいましょう。

 

 

返済の対応方法について

ホンダは一部繰上返済と早期一括返済に対応してます。
つまり月々の金額の上に一部の金額の前倒しが可能で、また一括て残り分の精算も可能です。

 
ちなみにトヨタも一括返済が可能です。
サービス内容をそれぞれ向上させています。

 

 

しのぎあってサービス内容を向上させている感じがします。
違いは正直そんなにない印象を受けますが、ですがその分複数の車メーカーから気になるものを選んで、残価設定ローンを組みやすいと言えます。

 

ですので豊かなカーライフを送るために、しっかりローンを立てましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ