トヨタの残価設定型プランを徹底調査

トヨタの残価設定型プランって?

トヨタの残価設定型プランは他の何が違うんだろうと気になっている方は大勢いると思います。そこでトヨタの残価設定型プランについて詳しく教えます。

まずトヨタの残価設定型プランは、車を下取った価格分を3〜5年後の支払価格として引いて残りを分割払いにします。

他のローンとの違いは支払い額を月々均一に支払いますが、トヨタの場合は最終回に残価の据え置きを行います。

なので毎月の安い支払い額は安くで済んだ上で新車にのれると言うメリットがあり新車好きにはたまりません。

ちなみに価格や支払い回数、残価や実質年率などは各地の販売店に任せています。
日産にも残価設定型プランがあります。

自分は日産のファンだから日産の新車が欲しいと言う方も安心してください。ちゃんと残価設定型プランがあります。

まず日産では残価設定型プランのことを「日産ビッグバリュークレジット」と呼びます。

日産ビッグバリュークレジットもまたトヨタの残価設定型プランと同じように、車を下取った価格分を3〜5年後の支払価格として引いて残りを分割払いにします。

買い取り額が決められているので安心できると言うメリットは日産ビッグバリュークレジットにもちゃんとあります。
もちろんデメリットもあり、特に金額関係がキツいです。

トヨタの残価設定型プランは走行距離に制限があるどころか、総支払い額が高くなるかもしれない欠点があります。
また事故などで傷を付けてしまうと精算料金を払ったり車自体の返却が不可能となります。

(ちなみに日産ビッグバリュークレジットでは10万円級の傷が付いても5年の買取価格を保証すると明言しています。そこがトヨタの残価設定型プランとの大きな違いです。)

またトヨタや日産に限らず残価設定型プランは金利負担が高いと言われています。総支払額をきちんと見ないと後で痛い目を見る・・と言うことにもなりかねません。

トヨタの残価設定型プランに向いてる人

以上のことからトヨタの残価設定型プランは次のような人が向いています。

・車がとにかく好きだが前のには愛着はない。
・車は移動目的というより一種のステータスとして持ってている。
・貯蓄が安定していない。

年間走行距離の制限があるので「車は好きだけど・・」と言う話になります。
自分の車をすぐに売って新車を買うようなのが残価設定型プランなのでこう言った風なまとめになります。

いずれにしろ総支払額をきちんと見ないと高く付く可能性があるのも踏まえて考えましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ